真空管式アマチュア無線機での運用

約40年ぶりにHFを始めました。マイクよりハンダゴテを持つ時間が殆どです。 
ジャンク品の修理改造で四苦八苦しています。 
現在運用リグを紹介します。(全て新スプリアス認定済み) 
***
TX-88A   
***
電圧を450Vにアップ、変調は7189Aに変更して15Wへ出力アップ  
3.757/7.195/21.415/28.635 MHzの水晶実装  
21と28MHzは外付けVFOにてバンド内対応    
***
TX-388S  
***
外付けVFO内にHETを加えたPREMIX方式
本体側はシングルコンバージョン方式に変更。
出力管は2B46にて20W。 
***
自作AM送信機  
***
***
FLDx400をベースに改造。S2001パラ+6L6GCppによる出力40Wです。
元電源トランスの所へ変調トランスを取り付けた為、外部電源450Vにより供給。
水晶発振がメインですが21/28MHzはVFOも使用。
***
YAESU FL-20B  
***
FL-100Bシリーズの小出力タイプです。   
スプリアス等で、外部VFO+HETのシングルコンバージョンに変更 
3.5〜21MHz、出力は50W。   
***
井上(ICOM) IC-700T    
***
3.5〜21MHz 50W。 自作外部VFOと電源。   
形状は小さくて受信機も見つかれば良いですが? 
***
YAESU FT-200S    
***
3.5〜28MHz 50W。 自作電源。   
***
FL−50B/FR−50B
***
3.5〜21MHz 50W   
シンプルで変更改造しやすい機器です。  
***
COLLINS S−LINE (32S1+75S1)
***
電源自作、デジタル表示、3.5〜21MHz 50W  
***
戻る
TOP PAGE